本文へスキップ

慢性の痛み・脳梗塞後遺症・在宅ケアなど

鍼灸は数千年の歴史のある東洋療法の一つで、身体の状態を手で観察しながら、鍼や灸を施すことで身体の不調を整える治療法です。 マッサージも同様に身体の変化を手で察知して施しますので、専門的知識をもった国家免許所持者が行わないと効果はありません。


足のサンリーズ♪

■メンバー紹介 ■誕生編 ■第1話「明日に向かって」 ■第2話「旅立ち」 ■第3話「世界に一つだけの花」
■第4話「愛は勝つ」 ■第5話「白い巨塔」 ■第6話「吹田協会組」 ■第6.5話「デビュー?」 ■第7話「夢は捨てない!」
■第8話「出会いこそ奇跡」 ■第9話「なんでやねん合唱団」 ■第10話「全国大会デビュー!」
■誕生編 あれは、平成14年のはじめのこと。
いつものように自転車で帰る、寒い夜だった。
突然ひろぴーの心の中にメッセージが届いた!
なんと!メッセージの主は、高橋俊彦先生だった!

「キャプテン!キャプテン!キャプテン!・・・サボテン!」

・・・えっ!!・・・??どういう意味??
しかも、ちゃんとオチまで用意してくれてるなんて!

続いて「ハーモニー・・・」

そうかっ!!アカペラだっ!!

ひろぴーは、このメッセージにつき動かされ、行動を起こした。

コーラス部に入りませんか?」(ひろぴーより)

まだお互いに気心の充分しれない吹田師会役員の若手(一応?)にメールが届いた。

「コーラス?何だそれ?」

だが、次々に届く返信メール・・・
「いっちょう、やりますか。」
「ええ〜〜!うそ〜〜!(やる気まんまん)。」などなど。

何がしたいのかわからないのに、なぜか反対する人はいない、不思議な仲間。
役員会で、
「コーラス部つくったんです。」といきなり会長・副会長に宣言。(ひろぴー)

ここに足のサンリーズが誕生した。

あっという間の出来事だった。でもって、2月11日、初めての練習日。
歌を教えてくださるという佐野先生のお宅へ集まった。

 佐野先生は、これがなんと、タカラジェンヌの男役のような方・・・。
 (容姿端麗というやつです)でびっくり。

 こんなプロみたいな人(あとでホントにプロの音楽家だと知ったんだけど)
 に教えてもらっていいのかなぁ。
 しかもメロンパン1個で・・・。
 (ひろぴーはレッスンのお礼にメロンパン1個を持ってきていた。)
 レッスンはいきなりひとりひとり歌わされた。多分先生は先を憂えて絶望しただろう。
 でも、始めてしまった以上、やるしかない。
コーラス部、試練の道が始まった。

目標は、(2002年)5月19日の吹田師会創立70周年記念祝賀会

吹田市長や吹田市医師会等、そうそうたる出席者の前で、はたして歌えるトコまでいけるのだろうか。
ひろぴーは、ゴスペラーズみたいな全曲アカペラを目指していた。

・・・けど、佐野先生は、その意見を無視していた。

無駄に時間をとる余裕はなかったのだろう。
確かに、夢は大きく、でも、現実は、できることから、一歩ずつだ。

曲は、「夜空ノムコウ」「うえを向いて歩こう」
「アメージング グレイス」「明日があるさ」。
練習、練習、また練習。

でも、その後の役員会で、ためしに歌ってみろと副会長に言われ、
皆の前で歌ってみたが、会長も副会長も、
そして私達も不安が増幅するだけだった。

しかも、頼みの潤ちゃんが、どうしても本番には参加できないことも判明した。
こんなんで、70周年、どうなるのだろうか・・・!?

佐野先生は、徹底的な誉め殺し作戦に出た。


何をやっても、
「上手〜!」「すごーい!」「きれいー!!」・・・!!

私達は、まさに「豚もおだてりゃ木に登る」状態。


そんなこんなで、ようやく形になってきた。何とかパート別に歌えるようにもなってきた。
そして、練習を通して、なんだかとっても仲間意識ができてきた。
70周年を成功させようという、連帯感も生まれてきた。もしかして、これがひろぴーのねらいだったの?

本番は、「夜空ノムコウ」のサビから始まり、「うえを向いて歩こう」をフルで、ここまでアカペラ。
そのあと、寸劇。
ひろぴーのイメージは、今回は「ハーモニー」(調和)がテーマだ。
今の私達や、吹田師会の目指すところを、寸劇で示し、続いて「明日があるさ」を会場も人も一緒に
替え歌で合唱、最後に「アメージング」をアンコールで歌うことになった。

潤ちゃんが、ステージの立ち位置や移動の仕方まで、書いてくれた。
最後まで練習もいっしょにしてくれてありがとう。
皆、潤ちゃんがいっしょにいると思って舞台に立つことにした。

ところで、はじめにひろぴーの書いた寸劇は以下のとおり。

サンリーズ大河ドラマ 第一話 「明日に向かって」 (台本)
サンリーズ 「上を向いて歩こう」歌い終わる。
用務員 「(拍手をかき消すように)ダメだ!!これじゃ、今度のコンテストで優勝できない!
      ゴスペラーズには勝てっこないよ!・・・どうせダメなんだよ俺たち・・・・。」
銀行員 「バカやろー!弱音をはくんじゃネェー!」
通行人 「そうよキャプテン、みんなで力を合わせればできるんじゃなかったの!」
真犯人 「ハモネプで優勝してCDデビューするって言ったのはキャプテンだぜ!」
看板娘 「そんな弱気じゃ、カールおじさんやCCレモンのお父さんや、風邪の神さんが悲しむわよ! 
      キャプテン。」  
露天商 「キャプテン!もう一度歌おうよ!」
買物客 「みんなで力を合わせて!キャプテン!」
見物人 「明日を信じて、がんばろうよ!キャプテン!」
家出少年「キャプテン!」
婦人警官「キャプテン!」
看護婦 「キャプテン!」
女王様 「キャプテン!」
占い師 「キャプテン!」
出前持ち「キャプテン!」
遣唐使 「キャプテン!」
ご隠居 「サボテン。」(カンテン。タングステン。でも可。)
     (全員コケる)
消防隊員「・・・みんなで力を合わせて・・・?・・・明日を信じて・・・。
     大事なことを忘れていたよ・・・。リメンバー、セプテンバーイレブン!
     この曲をニューヨークでがんばってる同士達に贈ります。」
アシノサンリーズ・スペシャル「明日があるさ」を歌う。   (以上、台本)

・・・ひろぴー、面白いけど、ちょっと イメージ先行になりすぎてない?

切ちゃんが、何が言いたいのかわかりにくいので、とシナリオを作ってきてくれた。

ひろぴー以外の全員一致で、ひろぴーのシナリオは即時却下され、切ちゃんの
寸劇シナリオに決まった。(あっさり)



直前まで、アイデアが浮かんでくるひろぴー。
1週間前になって、
衣装は?」 

そんなん、用意してないよー!


急遽、佐野先生のステージ衣装やら、潤ちゃんのパーティ用衣装をレンタルした。
今回限りの参加の、水越さんの ハイジのような衣装が可愛かったなあ。

当日の朝、「明日があるさの替え歌の歌詞に、阪口市長の名前いれたいなー

あわてて歌詞を書き換え、スクリーンに映すOHP用紙を焼きなおしたり、もうバタバタだった。



                                              続きを読む
■メンバー紹介
キャプテン ひろぴー
(ファンキー廣野)
足のサンリーズリーダー。
常にリーダーとして、新しいことに挑戦し、皆に頼られる存在。
治療キャリアは20年のベテランで「ひろの鍼灸院」院長。
言い出しっぺだが、楽譜は読めない。
本番では人知れず緊張(?)しているのか、音をはずして笑いを
誘うことも多い。
金ちゃん
(ブライテスト金光)
サンリーズの副長的存在。「高橋はり灸院」勤務。
楽譜が読めないのに、正確に音程をつかむ妙技を持つ。
本当は、アニメソング(古い曲)が大好きで、カラオケでは熱が
入りすぎることあり。
しかも松田優作フリークで「サンリーズ・演劇」には密かに喜んでいるが、
芝居はクサイかも。
切ちゃん
(セサミー切石)
サンリーズの「歌う最終兵器」的存在。「青井はり灸院」勤務。
パソコン、ビデオ、カメラと機械マニア(?)で、見た目の物静か
さの内に才能を秘めている。
美声のうえ、のみこみも早い。
チームでは若手だが、ある意味一番大人かも知れない・・・。
彼が入ったパートの人は何故かニコニコしている。
カラちゃん
(ゲッチュ三好)
サンリーズのボケ役担当的存在。「三好はり院」院長。
練習中にビールを飲むのをやめてから、格段に上達してきた。
その声力には定評があり、ツボにはまればゴジラ・松井のホームランのごとき力を発揮する。
飲むとちょっとうるさいが、飲んでないときは恐ろしいほど空気を読んでいる!
ちあきちゃん
(チャーリー中川)
細かいことを全部やってくれるチームのマネージャー的存在。
在宅ケア「中川鍼灸院」院長。
恥ずかしかったり嫌がったりしているようで実は一番楽しんでいるかもしれない。
サンリーズでそのうちミュージカルができたりして、とひそかに思っているらしい。
演劇の脚本でも偉才を発揮し、その能力は三谷幸喜を凌ぐ・・・かも(?)。
潤ちゃん
(キューティー北川)
サンリーズのお姉さん(お母さん?)的存在。
「ボディーワークショップ北川鍼灸院」院長。
しっかり者で気配り上手。本番では、舞い上がるメンバーをうまく仕切ってくれる。(目で指示を出す・・・!)
ダイビングやゴルフで体力増進に努め、いつでも舞台に上がれるように準備している。
ひょっとしてメンバーのなかで、いちば〜ん「サンリーズのファン」だったりして・・・。
順ちゃん
(ミルキー高橋)
サンリーズのアイドル的存在。「高橋はり灸院」院長。
ひろぴーに天空からサンリーズ結成をうながすメッセージを届けた、故高橋先生の娘さん。
あの名セリフ「ハーモニー・・・」がいつまでも耳に、いや心に残っています!
福ちゃん
(アボリジーニ福田)
サンリーズのハモリ部隊的存在。「ひろの鍼灸院」勤務。
みんなの要望をすばやく察知し、細かく動く。
男声ハモリが手薄だったところに、メチャ力強い新メンバー。
難しいパートはみんな敬遠するので、常に難しいパートを担当。
オーストラリアの何とかっていう楽器も使いこなす!
マッキー
(ユウユウドウ牧)
サンリーズ天然素材ナンバー1的存在。
「悠々堂 牧鍼灸院」院長。
強力天然発言では、メンバーも腰を抜かすほど笑う!
カラオケでは松山千春が十八番。
信じられない声量かつ美声!!
ピンちゃん
(カンダイマエ鈴木)
サンリーズのイケメン担当的存在。
「関大前 鈴木鍼灸院」院長。
間違いなくメンバー中一番イケメンだろう。。
デビューが2007全国大会の舞台というラッキーボーイ!
ツッコミ役「なんでやねん!!」もソツなくこなす。
助っ人
(ミキティ&中順ちゃん)
07全国大会出場が決まり、助っ人として駆け付けてくれました。
ミキティこと美希ちゃんと、中くらいの順ちゃんこと順子ちゃん。
決してキャプテンに唆されたのではありません!
ご協力ありがとうございました!!
次は「誕生編」 ▲ページの先頭へ